お知らせ

2018.12.11

12日(水)13日(木)は定休日です。年末年始営業休業のおしらせ・・

12日(水)13日(木)定休日です。

年末年始営業休業のおしらせ

 1230日()夜の部より新年3日()まで

休業させていただきます。

 何卒よろしくお願い致します。

2018.11.20

21日(水)22日(木)は定休日です。ソヨゴが赤い実を・・

21日(水)22日(木)定休日です。

ソヨゴ 小.jpg

7月に植えたソヨゴが赤い実をつけました。想定外のことへの驚きと喜び。

「もういちどココに松を植えてくんねぇかなァ・・」つってた先代店主も、

今ではすっかりこのソヨゴが気に入った様子で。よかったヨカッタ。

2018.10.30

31日(水)は定休日です。秋祭り獅子舞・・

31日(水)定休日です。

獅子舞 小.jpg

秋の例大祭、伊勢町獅子保存会の男衆による獅子舞。

わが伊勢町保存会は45歳定年制が維持され、後継者が続いている。

なんと素晴らしい。かしら役の土屋さん、任期最後の舞い、ありがとうございました!

2018.10.23

24日(水)25日(木)は定休日です。ルイス・ブニュエルふたたび!

24日(水)25日(木)定休日です。

ビリディアナ 小.jpg

前回『皆殺しの天使』の驕慢なブルジョワ貴婦人シルビア・ピナルが今回は修道院の聖女に。

その聖女=シルビア・ピナルの美しさは、ちょっと、度を超えてるんだよなぁ~

で、その聖女=シルビア・ピナルが招き、施しを与える浮浪者たちは、聖女様を讃えつつ聖女様に感謝しつつ、

結局、やらかしてしまうんだなぁ~・・このやらかしちまうシーンの物凄さ。いったいなんでこんなになっちゃうの?

結局、その聖女=シルビア・ピナルの美しさは、ちょっと、度を超えてたんだよなぁ~・・やっぱり。

2018.10.16

17日(水)は定休日です。ひぃ~ルイス・ブニュエル!

17日(水)定休日です。

皆殺しの天使 小.jpg

『皆殺しの天使』(1962)

もう夜は明けて、部屋の鍵は開いているというのに、邸宅外の門は開きっ放しだというのに、

誰も帰らない、帰ろうとしない、帰れない。幾日も、幾晩も。

おんなじ客間で、20人のブルジョワたちがどんどんオカシクなってゆく・・

三十数年ぶりに見たブニュエル映画。

ひぃ~ルイス・ブニュエル・・やっぱり貴方は空前絶後の映画作家でございます!

ルイス・ブニュエル特集』長野相生座・ロキシーで開催中。

2018.10.09

10日(水)11日(木)は定休日です。映画『寝ても覚めても』!

10日(水)11日(木)定休日です。

寝ても覚めても 小.jpg

長野では相生座・ロキシーで公開中の映画『寝ても覚めても』

もう今年度ナンバーワンに決まり!(って言えるほど映画見てないんですけど)

息を呑みながら、緊張したまま、スクリーンを見つめ続けちゃいました。

で、後ろのモニタに映っているのは、ドラマ『センセイの鞄』の小泉今日子と柄本明なんですが、

前夜、「良いかんじに出来てるな~」なんて途中まで見たんです。

ところが『寝ても覚めても』見たら自分の細胞がそっくり更新されてしまったようで、

『センセイの鞄』の続きはちっとも楽しめなかったのでした!

2018.10.02

3日(水)は定休日です。4日(木)は臨時休業させていただきます。扇風機・・

3日(水)定休日です。4日(木)臨時休業させていただきます。

何卒よろしくお願いいたします。

扇風機 小.jpg

夏、猛暑のさなか、厨房のワタシの作業場で回り続けてくれた扇風機。

家中でいちばん有能な扇風機なのですが、コレ、35年前(!)秋葉原で購入した奴なんですね~。

「ムカシの電化製品はなっかなか壊れない」ってゆうけどナゼでしょう。

2018.09.18

19日(水)は定休日です。葡萄の香りを頬張ると・・

19日(水)定休日です。

葡萄 小.jpg

お客さんから頂いた葡萄、シャイン・マスカットと巨峰。
「良いのじゃないんだけどねぇ」と農家さんが言うのこそが、店頭に並ぶものよりも美味しかったりする。

厨房でお行儀悪くさっそく酒のアテにしてしまう。ひと粒ふた粒み粒・・止まらないなァ~

銀座・千疋屋でも、新宿・高野でも、ゼッタイに味わえない真の贅沢。なんつって。

2018.09.04

5日(水)は定休日です。

5日(水)定休日です。

サンシュ 小.jpg

7月に植えた中庭のサンシュ。この夏の猛暑に耐えられるだろうか・・と祈るように水くれをしましたが、

どうやらだいじょぶそうかな。庭木にかんしてはすべて先代に任せっぱなしでしたが、やっぱりね、

自分で世話をしないと、わからないことばかりだね、土も草も石も虫も。

2018.08.28

29日(水)は定休日です。30日(木)は臨時休業いたします。

 

29日(水)定休日です。30日(木)臨時休業いたします。

何卒よろしくお願いいたします。

昭和を生きて 小.jpg

味郷・先代店主、湯浅勲がワタシの知らずうちに『昭和を生きて』なる書籍を出版しておりました。

いわゆる『自分史』のつもりでしょうが「山あり谷あり喜びも悲しみも幾星霜」というシロモノではまったくありません。

昭和の始まりに生まれ、千曲川の恵み豊かな農村で育った少年が、14歳にして満州という寥寥とした外部を、そして、

ソ連軍シベリア強制収容所という、更なる荒涼の外部を体験してゆくうち、やがて、「自分の内にある他者性」を発見してゆくさまは、

たいへんスリリングでありサスペンスフルでもありました。

同時に、わたし自身(昭和39年生)もまさに「昭和を生きた」青少年であること、そして父の体験はけして遠い過去などではない、

ついこのあいだの、昭和という同時代を生きた青少年の出来事であることに気づかされたのでした。

常に、時代の、半歩あとをゆく。とんかつ味郷

〒381-0201 長野県上高井郡小布施町大字小布施1426-3 Tel 026-247-3258 ©mikyou

かつ