お知らせ

2017.05.23

24日(水)25日(木)は定休日です。映画『人生フルーツ』・・

24日(水)25日(木)定休日です。

P1020584.jpg

『人生フルーツ』。この記録映画、「第一線を退いた建築家とその妻の穏やかなスロウライフ」と見えながらも、

同時に、ひとりの建築家(とその妻)の、ヒューモアに満ちた戦闘記録であり挑戦記録でもありました。

津端修一さんは、いつでもつねに「建築家」でありました。

午睡のあと永い眠りに就くまで、建築家としていつでも「その用意」はできていたのです。

なんと幸福なことに、映画の終わりに、わたしたちは「そのカタチ」を目にすることができます。

2017.05.16

17日(水)は定休日です。Y・M・Oを聴き直そうとおもって・・

17日(水)定休日です。

P1020579.jpg

誰も気付かない壁の片隅CDジャケットシリーズ・Vol 35 クラフト・ワーク『ツール・ド・フランス』

Y・M・Oを聴き直そうとおもって・・「アレ?おれ、クラフト・ワークってまともに聴いたことないな」・・と。

で、いきなり近作のコレ。

うわー今もって〈元祖テクノ〉の貫禄余裕はそのままに今もってカッチョイーキモチイー!

2017.05.08

9日(火)臨時休業いたします。10日(水)11日(木)は定休日です。

9日(火)臨時休業いたします。10日(水)11日(木)定休日です。

P1020573.jpg

ジイさんの仕業・・アハハ。

2017.05.01

大型連休中の営業のご案内です。

大型連休中の営業のご案内です。
何卒よろしくお願い申し上げます。
5月1日(月)から
  7日(日)まで
昼の部 通常営業いたします。
夜の部 お持ち帰り注文の受付みとさせていただきます。
※品切れにより、早目に終了させていただく場合がございます。

P1020571.jpg

高校二年の夏休み。「たまには小説でも読んでみるか」と駅前の本屋で、まったく、予備知識なく、

佐々木マキの装丁に惹かれて購入したのが村上春樹のデヴュー作でした。読後「この作家が書くものは読んでみよう」とおもった。

父の本棚からではなく、姉の本棚からではなく、自分で発見した初めての作家でしたね。その後、『ダンス・ダンス・ダンス』までは、熱心な読者(ハルキスト?)でしたが、以降は文庫化されたものをおもい付きで読む程度に・・

が、さいきん、89歳の父親が突然、「これまで食わず嫌いだったけど面白ぇなぁ」つって読み始めた、村上春樹作品を。

で、最新作の『騎士団長殺し』は、父から借りました。ハハ。

 

2017.04.17

19日(水)は定休日です。キモくってすいません・・

19日(水)定休日です。

P1020562.jpg

P1020565.jpg

キモくってすいませんねぇ・・彼ら、夜になんないと出てこないもので、ついフラッシュ焚いちゃう。

で、よりいっそうヌメヌメ感がねぇ・・ワタシは平気で撫でちゃいますが。ふふ。

2017.04.11

12(水)13(木)は定休日です。このカエルは置物ですが・・

12(水)13(木)定休日です。

P1020558.jpg

このカエルは置物ですが、ゆうべ、ホンモノの声が聞こえて来ました。それはまた次週にUpします。

2017.04.04

5日(水)は定休日です。斉藤和義って・・

5日(水)定休日です。

P1020556.jpg
誰も気付かない壁の片隅CDジャケットシリーズ・Vol 34 斉藤和義『風の果てまで』

なぜか気になる斉藤和義。毎回新譜を買うわけじゃないけど、

ときおり、「いまナニしてるんだろあのヒト」って聴きたくなります。

非常に凝り性の音楽家のはずなのに、出来上がる楽曲は、いつも「ポップであること」を外れない。

それに乗る歌詞がイイんだ。

「落ちついて見える立派な大人は よく見りゃほらただ疲れてるだけさ」(攻めていこーぜ!)とかね。

2017.03.28

29日(水)は定休日です。pinoはゼッタイ欠かせない!

29日(水)定休日です。

P1020552.jpg

アタシの暮らしに、pinoは、ゼッタイ欠かせません。精確には、酒とpino、ね。

呑んだあとは、三色ぜんぶ食べちゃう。

それから、あずきアイスとか、ナタデココ入りジェリーとか・・

酒呑みって、甘い物も好きだよね、ね、そおだよね?

2017.03.14

15日(水)は定休日です。新潟・上越の海って・・

15日(水)定休日です。

P1020550.jpg

誰も気付かない壁の片隅CDジャケットシリーズ・Vol 33 曽我部恵一ファースト『曽我部恵一』

山国・信州人の、海への憧憬はやはり独特のものがあるとおもう。でね、北信濃に生まれ育ったぼくらが、

先ず思い浮かべる海とは、新潟・上越の海。谷浜だったり、鯨波だったり、能生だったり、鵜の浜だったり。

上越の人たちからすると可笑しいハナシだろうけど、それらの海岸は、北信濃の人々の、

幼年期から続く、慎ましい海へのおもいを、ずっとずっと、受け止めてきたのだ、とおもう。

でね、この時分、松田聖子『赤いスイートピー』を聴いて思い浮かべるのも、やっぱり、そんな上越の海なんだよね。

2017.03.07

8日(水)9日(木)は定休日です。ただ、春の匂いを、

8日(水)9日(木)定休日です。

P1020546.jpg

夜、店がはねて、ゴミ袋を引きずって裏口を出ると、まだ冷たい夜気に、たしかに春の匂いがして、

それは、いつかきっと嗅いだことのある、とても懐かしく、とても愛おしい匂いで、

しばらく、そこに立ち尽くして、匂いに身を任せてみるのだが、

それはなんの匂いだったのか、そのいつかは、いつだったのか、

やはり、憶いだすことはできないのだ、この春も。

なんつって・・

常に、時代の、半歩あとをゆく。とんかつ味郷

〒381-0201 長野県上高井郡小布施町大字小布施1426-3 Tel 026-247-3258 ©mikyou

かつ